銀行ごとに少しずつ違う融資基準

銀行と言っても都市銀行、信託銀行、地方銀行、第二地方銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫まで様々な金融機関があり、その数は日本に500以上あります。

そして、それぞれの金融機関ごとに、少しずつ違う融資基準があり、その基準の違いが人物属性や物件種類に対する融資の得意不得意につながっています。

つまりは、A銀行で断られた融資の申込が、B銀行ではすんなり通ることも十分にあり得るのです。

その少しだけ違う融資基準の差異を調べ抜いて、どの銀行がどのような物件への融資に強いのかを知っておけば、当然、融資は受けやすくなります。

手元資金の少ないサラリーマンが融資を受けるのは難しそうだ、と思われる方も多いと思いますが、500以上の金融機関のすべてが同じ融資基準を採用しているわけではありません。
何事にも例外があり、その例外をくまなく見つけて、融資を獲得するのが融資ノウハウなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です