銀行の融資の類別①

解決方法は至極単純で、銀行に面識があり、なおかつ社会的信用度が高い人の紹介を受けて、銀行に行くということです。これは銀行サイドに立って考えてみればわかることですが、実際に融資をしようと思った際に、信頼関係が築けている人の紹介であれば、多少安心することはわかるでしょう。これは個人や法人を問わず使える方法です。では、そのような人と知り合うためにはどうしたらよいのでしょうか?周りに融資を受けた経験がある人がいない場合などは、不動産投資のセミナーなどを通じて、積極的に人と交流しておく必要があるかもしれません。不動産投資を行う人の多くは、融資の第一歩が、人の紹介であったということがあると聞いたことがあります。もし、何も紹介を得ずに、ゼロから銀行の信頼を得る必要がある場合には、相当苦労するということを留意しておくといいかもしれません。そして、「その銀行に対する立ち回り方をどうすべきか」という言い方は少し遊びが過ぎるかもしれませんが、対策として、マニュアル化された方法が存在すると言ってもいいでしょう。その方法や心構えはシンプルで、「言動や態度から銀行に対して私は信頼に足る人間ですというアピールをすること」です。具体的に言うと、例えば、融資の相談が、午後の2時からだったとしましょう。その際に、少し早めに来て落ち着いた態度をしっかりと作ることも重要です。ここで時間をオーバーして遅刻してしまったり、大幅に遅れて来てしてしまったりするようでは、そもそもの信用もあったものではありません。このような人にお金を貸したいとは、誰も思わないのではないでしょうか?また、すでに述べた通り、これらの注意点は身なりに関しても同じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です