銀行の融資の類別 ②

数百万円を超えるような、高級な時計をつけたり、きらびやかなスーツをこれ見よがしに着て行ってしまっては、あまり良い印象を与えられるとは思えませんね。確かに、最低限の清潔感はもちろん必要ですが、必要以上に高価なものを身にまとって、銀行にさっそうと融資の相談に行くことは、あまり得策ではないと言えそうです。これを踏まえると、手頃な洋服店で買ったスーツに、シンプルな時計と言った身なりで行く方が無難でしょう。こういったいわば態度の積み重ねが信頼を作るとも考えられそうです。そして一度融資を受けることができたなら、返済は確実に遅滞なく済ませていき、コツコツと継続して信頼関係を続けていくことが何よりも重要になっていきます。成功した不動産投資家の方の中には、融資の相談に乗ってくれたり、融資をしてくれた銀行支店の店長などとゴルフに行ったり、居酒屋に行ったりするなどして緊密な関係を築く人もいるようですが、あまり得策とは言えない場合もあります。銀行サイドとしては、いくら人間関係が良好であったとしても、属性、つまり社会的評価の低い相手にお金を貸すことはリスクそのものなのです。これを交遊関係でなんとかしようとすると、間違いなく関係に亀裂が入ることは容易に想像できるのはないでしょうか?これを防ぐためには、しっかりと社会的評価を上げて、付き合い方と中身が伴っているようにしておくことで、お互いの齟齬をなくしていくことが出来るかもしれませんね。ともかく、服装は質素に、内面は謙虚に、銀行サイドに近づくなら属性も伴った上で、を徹底しましょう。これらをクリアすることで、不動産投資は軌道に乗る準備ができたといってもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です